スポンサードリンク

ほくろ除去(ほくろ・ホクロ取り)

ほくろ除去したい。ほくろ取りたい。
ほくろホクロ)の除去について解説いたします。


ほくろとは■

ほくろは「ほくろ(ホクロ)細胞」が多く集合した良性腫瘍のことです。

ほくろ細胞は誕生時にすでにお肌に存在しています。
そのほくろ細胞が日光やお肌のトラブルなどがきっかけになり
メラニンを生産し始めます。

そして細胞が増殖して厚くなりいわゆる「ほくろ」になります。



ほくろ除去をするには■

ほくろ除去は、傷跡をなるべく目立たなくするためには、
形成外科や美容外科で行いましょう。

ほくろ除去ではその部位や「ほくろ」のタイプによって、
ほくろ取りの最適の方法を選ぶのが大切だからです。

また悪性腫瘍の可能性がある場合は、外科的手術が行われます。



ほくろ除去をする(ほくろ取り)方法■

外科的手術
ほくろの直径が 3 〜 5 ミリ以上で厚みのある「ほくろ除去」に、
用いられる方法です。
このような「ほくろ(ホクロ)」は肌の深部にある、母斑細胞を取り除く必要があるためめです。
手術後はほくろ除去した部分が赤くなりますが、
2 〜 3 ヶ月後には次第に落着きます。

Qスイッチヤグレーザー治療
シミのようなほくろ除去に効果的な方法です。
皮膚の浅い部分にあるメラニン色素だけを取り除きます。
縫合する必要はありません。

炭酸ガスレーザー
厚みのない直径 3 〜 5 ミリ以下の厚みのないほくろ除去
適しているのが炭酸ガスレーザーです。
縫合する必要はありません。


ほくろ除去したお肌は約 2 週間で再生されます。
最初ほくろ除去(ほくろ取り)した箇所には、赤みが残りますが、少しずつ収まっていきます。

約 2 〜 4 週間ほどでほくろ除去ほくろ取り)したお肌の赤みは消えていきます。


これらの方法で
ほくろ除去ほくろ取り)を検討して下さい。


ホクロ除去で一番良い事は、表情が明るくなったりとか
見た目だけではなくて、内面から溢れ出てくる、
コンプレックスが無くなり、堂々と人と接することが
出来るようになる事がおおいようです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。